長編ものの書き方における法則性

古くはシェークスピアも、体系化していたようですが、
ハリウッドでは近年、ヒットを飛ばすための、法則を体系化した
人がいました。
日本語版も出版されていますが、この法則を有名にしたのは、
テレビ東京系の『芸術に恋して』と
いう番組での特集でした。



◆『芸術に恋して』・・・・いまは無き幻の番組ホームページから
の引用

 これ以下引用↓
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 スターウォーズに大きな影響を与えたものは、神話学者
ジョーゼフ・キャンベルが研究した神話の分析であった。
その著書「神の仮面」の中には、「フォース」という言葉が出てくる。

監督ジョージ・ルーカスはキャンベルとの
 対談において「あなたの著作がなければスターウォーズは
生まれなかった」
 とまで言ったのだ。

キャンベルの研究は、ハリウッドにも多大な影響を与えていた。
彼は世界各地に残る英雄神話を収集・分析し、ほとんどの神話は共通の
物語を持つことを突き止めた。それは・・・



1.「英雄は日常世界に育ち、危険を冒してまで超自然的な領域
に赴く。」
2.「その赴いた領域で超自然的な力に遭遇し、決定的な勝利を
収める。」
3.「英雄はその力を得て、この不思議な冒険家から帰還する。」

というものである。この構成はスターウォーズの物語にもピタリと
当てはまる。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ↑ここまで引用

これを「3幕12構成」じたてに詳細解説した「ヒットさせるための
ストーリー構成本」が、岡田勲監訳の『神話の法則』(愛育社)という
本です。
http://tinyurl.com/y3btgc

文章構成の勉強を志す方におすすめです。

人気blogランキングへ
ブログランキング

応援よろしくお願いします
この記事へのコメント
はじめまして。
この度、小遣いに関するランキングサイトをオープンしました。
オープン間もないため今なら上位ランクインも確実です。
簡単な登録ですぐにランキングにエントリーできますので
ぜひこの機会に登録をご検討してみてはいかがでしょうか。
貴サイトの登録を心よりお待ちしております。

サイト名:小遣い注目度ランキング
サイトURL:http://rank-net.jp/kodukai/
Posted by 小遣い注目度ランキング at 2006年12月16日 21:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/29735694

RSS新着情報
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。