あなたの愛の手を

特進の加藤さんよりメールいただきました。

こんにちは!加藤宏幸です。
スローリッチスタイル株式会社という会社を経営して
います。


もしよければ、今手を止めて、5分ほど僕の葛藤を聞いて
もらえないでしょうか?

ひょっとしたら、あなたのたった1回の素晴らしい人生に
スパイスをかけてあげれるかもしれません。

聞いて下さい。

僕は今ビジネスという「お金を稼ぐ」世界にいます。
僕は稼ぐ事はできても「お金を使う事が下手」な人間で
した。

多くの世界の成功者がいう人の笑顔のためにお金を使う
ことの意味を解るだけの人間の器ではありませんでした。

そして、今振り返ると、きっと誰よりも自分のお金を人に
費やすのが嫌いな人間でもありました。



しかし、ある日ある出会いから
1万円だけ寄付することにしました。

これは「偽善なのか?」これは「本心なのか?」・・・

そんな葛藤が僕を襲いました。
でも、「1万円で誰かが喜ぶならいいじゃん」
そんな軽い気持ちももう一方で存在しました。

数ヶ月後、一通の手紙と写真をもらいました。

それは、僕が寄付した1万円に対するお礼の手紙でした。

どうやら気軽な気持ちで出した1万円が、
遠い国ネパールで数名分の制服に変わり、
それを手にした子供からの写真とメッセージでした。

とても嬉しそうな笑顔。
心からの感謝の言葉。

この恵まれた日本という国に生まれた事、
ビジネスの世界で有能なスタッフや素晴らしい環境で
ビジネスを頑張れている事で、
忘れてしまっていたのかもしれません。


1万円というお金の本当の価値を・・・・・


そして・・・・




それに気がついてから僕のビジネスや世界に対する考え方、
視野が大きく変わりました。

大嫌いだった英語を勉強するようになり、
興味の無かった海外へ年に5回以上は旅行へ行くようになり、

そして何より、自分の存在への誇りと、お金を得ることへ
の誇りを手に入れる事ができました。

さらに、誰かのために何かができることの意味をちょっとだ
け感じる事ができるようになりました。


それを教えてくれたのはたった1万円の寄付でした。


ボランティアは偽善だという方がいるかもしれない。
偽善でもいいんです別に。

それで笑顔になる誰かがいる事実だけが、大切です。
それが僕の答えです。

無償の愛を会ったこともない他人の子供に向けよう!
なんてこと自体が不確定の感情です。

だから「自分も他人のためにちょっとしたことができ
るんだ!」というきっかけに、
「自分の成長とともに、自分の成功ととに笑顔を増やす
こともできるんだ!」という
体験をするために今回、僕と一緒にネパールに寄付を
してみませんか?

最終的には「あなたのため」になります。
少なくも僕はそうでした。

だから、1万円とは言いません。
あなたのこころの泉に2000円を入れてみてください。

そこから得れるものはたくさんあると思います。


1口2000円で寄付を募集します。
あなたの2000円が、一人のネパールの子供の制服に
替わります。
http://nepal.milrelation.com/

人気blogランキングへ
ブログランキング

応援よろしくお願いします
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

RSS新着情報
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。